ニッチなニーズにも応えるユニークなレンタルスペース

レンタルスペース

ニッチなニーズにも応えるユニークなレンタルスペース



レンタルスペースには、あまり一般的ではない、すこし変わった、マイナーな好みに対応したユニークなものも数多く存在します。

たとえばキッチン付きのレンタルスペースそのものはいまやメジャーな存在になっていますが、ひとつひとつスペースのコンセプトを見ると、フォーマルでラグジュアリーな高級志向のものもあれば、カジュアルに楽しめるカフェ風のもの、日本風古民家の雰囲気を持つもの、「監獄カフェ」や「ゾンビカフェ」になっているものなど、ニッチな趣味・嗜好に合わせているユニークなスタイルも、探せば見つかるのです。

その一方で、「撮影用」の貸しスタジオというレンタルスペースのジャンルにも、ニッチなニーズに応えるユニークなものがあります。やはりこのジャンルも内容は多種多様で、文字通り「撮影用途のみ」に限定した単一目的のものもあれば、キッチン付きであったり、ファッションショーのようなイベントに対応できたりと、これもまたさまざまな使い途に対応できるものが「探せば見つかる」でしょう。


 
アンティーク・ロイヤル・ゴシックスタイル


「オールドアメリカン」、「レトロスペクティヴ・ヨーロッパ」など、19世紀末から20世紀初頭の欧米の雰囲気をかもし出すスタジオもあります。

また、中世から近代初頭のヨーロッパの城郭・宮殿を思わせる内装や家具調度品を取りそろえたスタジオがあります。何年か前に流行した「ゴスロリ」のコスプレなどの撮影に対応します。「コスプレ撮影後、オフ会」といった、イベントやパーティーに対応したスペースもあります。ボードゲームやカードゲームの大会を開くといった用途にも使われます。


 
和室・古民家


「昭和」を思わせる団地やアパートの1室、築70年、90年、100年といった古い民家をそのままスタジオに改装したものがあります。古い家そのままではなくて、電源を強化してあったり、照明を充実させたりしてあるところがポイントです。ドラマの撮影にも利用できるものもあります。古民家だと、首都圏からすこし離れた地方にある場合も多くなります。

古民家を再生した物件だと、基本的に「台所」がありますから、「古民家でパーティー」という使い途もあります。





 

教室・学校



昭和から平成まで、木の机だった教室やスチールパイプ合板机の教室など、いろいろな時代の教室を再現したスタジオで、「学校シチュエーション」の撮影がおこなえます。廃校になった本物の学校を改装したものもあります。『二十四の瞳』のような、古い時代を舞台にしたドラマの撮影にも対応できるものもあります。

音楽教室、絵画教室をモデルにしたスタジオもあり、実際にレッスンをおこなうこともできますし、ワークショップをもよおすこともできるスペースも存在します。


 
オフィス・社長室


一般の会社の中のようなスタイルのスタジオです。ふつうの貸し会議室のレイアウトをくふうするだけでも実現できるケースもあるでしょう。

しかし、社長室、署長室といったえらい人の部屋となると、それなりに高級感がないといけませんから、特別にしつらえた部屋が必要になるでしょう。


 
廃墟・廃工場・古倉庫


「廃墟萌え」する人々というのは、相当数いらっしゃいます。絵画や彫刻のように基本的に単体の作品ではなく、ひとつの空間全体を芸術作品としていく「インスタレーション」というアートのジャンルがあります。これを手がけるアーティストには、朽ちかけた空間にこころ惹かれる人が多いようです。

ということで、まさに廃墟そのものであったり、廃墟感をただよわせる古工場・古倉庫であったりという空間をスタジオにしているケースがあります。映画やドラマでも、そういったものを舞台に撮影したシーンを見かけることがあるでしょう。


 
病院・保健室


病院や診療所の診察室、手術室、ナースステーション、あるいは学校の保健室を模したスタジオも存在します。医療現場をテーマとした映画やドラマはかなり多くありますので、このタイプのスタジオはそれほど「ニッチ」でもないかもしれません。が、中には「廃病院」というシチュエーションのスタジオもあります。ホラー映画の撮影以外の使い途がちょっと思いつかないのですが、実際に存在している以上は商売として成り立っているのでしょう。

 
牢獄・牢屋


「監獄カフェ」というものがある以上、牢獄や牢屋を好む人も相当数いらっしゃるのでしょう。レンタルスペースにも牢獄・牢屋をモデルにしたものが見つかります。前述の「廃墟・廃工場」の空間に手を加えればできてしまうのでしょう。

中には「宙吊牢や磔台を用意」とか、「水撮影OK、血糊OK」などと謳っているスタジオもあり、いったいどういうシーンを撮るものなのやら、考えるとおそろしくなります。


 
サイバー・SF


SFは映画やアニメの主要ジャンルのひとつですから、当然、モデルにしたスタジオはあります。コスプレ撮影にも対応します。

たとえば「宇宙船の内部」のようなセットが用意されているスタジオがあります。そういう空間を自力で工作して作製するのは相当たいへんであろうことは想像に難くないところですので、それなりに需要があると思われます。

「サイバー」というのは、コンピューターやネットと人間との融合をテーマとしたり、小道具としたりするジャンルのSFですが、特に「サイバーパンク」というと、ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』の映画化である『ブレードランナー』のような雰囲気、香港のダウンタウンのような混沌とした猥雑な雰囲気になってきます。秋葉原にもそういう雰囲気はあります。

スタジオのあり方としてはかなり「ニッチ」と思われますが、やはり探せば見つかります。


 
ファンタジー


アニメやゲームの舞台となる「剣と魔法の世界」のような雰囲気をかもし出すスタジオです。ちいさなお子さんのコスプレに対応したスタジオもあります。たとえばお子さんに白雪姫の服を着せたり、ピーターパンの服を着せたりして撮影、などです。

中世ヨーロッパの雰囲気をかもし出すレトロスペクティヴなスタジオを応用することでも実現できるでしょう。ゴシック様式の雰囲気もファンタジーに向いています。



 

ホラー



ここ何年かで盛り上がっている「ハロウィーン」。最近はTrickが過ぎて物議をかもしていますが、お好きな方はやはりコスプレに熱心です。そして、ハロウィーンのコスプレというのはオバケ、魔女、ゴースト、ゾンビといった方向になりますので、そのような需要に応えるスタジオもあります。

上述の「廃病院」もホラー向けと言えるでしょう。むしろホラー以外の用途が思いつきません。実際に使われていた廃病院となると、当然そこでは亡くなった方が相当数いらしたはずですので、それを考えますと……そういう方向の演出効果は絶大と言えそうです。

これもまた「付加価値」というべきなのでしょう。ちなみに、いくつかのレンタル廃病院スペースをチェックしましたが、「お祓い済」を謳っているスタジオはありませんでした。

もちろん、「廃墟・廃工場」もホラー向けに応用できます。『リング』や『呪怨』といったジャパニーズ・ホラーは海外でも人々を震え上がらせており、たいへん高い評価を受けています。そのような点からも、インディペンデント系中小劇団なども含めてホラー映像作品を製作するケースはよくあり、ホラー向けに応用できるスタジオは多いようです。





 

橿原 不動産

アロマキャンドルオイルのマッサージ・プレゼント

マッサージキャンドル

ペーパークラフト 城

ペーパークラフト

ペーパークラフト 大阪城

江戸城 復元

アムウェイ買取

岐阜 鍵屋

川越のトレーニングジム・フィットネスクラブ

自由が丘パーソナルトレーニング

JOHNNYSTYLE(ジョニースタイル) 自由が丘店
TEL03-5755-5720
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目29−10 自由が丘リブレビル 4F
https://www.johnny-style.com/company/jiyugaoka.html